Past & Future
Innovation
Treasure the past, create the future
Challenge the unknown
Move forward
Cutting edge
Re-define the past, create the future
Past & Future
Innovation
Treasure the past, create the future
Challenge the unknown
Move forward
Cutting edge
Re-define the past, create the future

√K Contemporary
とは?

創業から30年間古美術を通し日本美術の継承、
発展に尽力してきた「加島美術 KASHIMA ARTS」。
未だ江戸の面影を残し、歴史ある風情を今に残しながら
進化を続ける魅力的な街「神楽坂 KAGURAZAKA」。
この2つのKを根とし、古きを基盤に新たに広がり
発展していくという意味を込めて誕生した
次世代型アートギャラリーです。

√K Contemporaryは、次世代を担う優れたアーティストを
広く紹介していく場としてオープンいたします。
日本美術には素晴らしい作品、作家たちが数多く存在し、
私たちの文化を豊かに彩り、時代特有のストーリーを
語りかけてくれています。
そんな先人たちが築いてきた礎のもと、
日本のアートシーンの「これから」を
創造していくことが私たちの使命です。
どんな時代でも、いい作品は後世に残り、受け継がれていく。
私たち√K Contemporaryは、次世代を創ります。

√K Contemporary is a place
whose name derives from the two “K”s:

Kashima arts, the gallery that has been striving
for the enhancement of Japanese Art for the last 30 years,
and Kagurazaka, where the old Edo era town still remains and
has been at the center of Japanese arts and culture for centuries.
By forging the legacy of these two “K”s,
√K Contemporary was born as the art gallery for next generation.

√K Contemporary will introduce artists that are
sure to lead the next generation in the art scene,
as well as a countless number of Japanese artists
and their artworks. Our mission lies in creating future art/artist
by building on the foundation of the predecessors.
Great artworks are passed on through generations.

√K Contemporary is dedicated to creating next generation.

  • image01
  • image02
  • image03
  • image04

SPACE

これからの時代を担うコンテンポラリーアートを展開していく拠点として掲げたテーマは「スペーシー」。
まるで、異次元に踏み込んだような感覚をおぼえる空間です。

The theme of this new contemporary art gallery is “Outer Space.”
It will feel as though you’ve stepped into another dimension!

ARTISTS

Horie Shiori ⁄ Muda Tomohiro ⁄ Cornelia Thomsen ⁄ Rom Villaseran ⁄ Hamada Kiyoshi ⁄ Hidai Nankoku ⁄ Fujimatsu Hiroshi ⁄ Ito Tadashi ⁄ Wakamatsu Koichiro

日本のアートシーンを創造していく
√K Contemporaryでは、昨今注目を集めている
戦後の前衛美術からコンテンポラリーまで、
日本美術史を紐解きながら、
さらに新たな時代を創るアーティストを紹介していきます。

As a gallery that is determined
to support the next generation,
√K Contemporary will introduce
up-and-coming contemporary artists
as well as greats from the post-war period.

戦後から現代へ

これまでの美術史の中で光を当てられてこなかった才能ある作家の再検証を行い、これまでの日本美術史の再定義を行います。

From post-war to modern art,

√K Contemporary will constantly search through art history, to shine a light on the artists who deserve more recognition.

次世代へ

現在活躍する作家はもちろん、未来を担うであろう作家を発掘し、国内はもちろんグローバルなアーティストの育成を行います。

From modern art to the future,

We will introduce works of established contemporary artists, as well as nurture new talents to grow into global artists.

Muda Tomohiro

六田 知弘

Horie Shiori

堀江 栞

Wakamatsu Koichiro

若松 光一郎

Ito Tadashi

伊藤 正

Hamada Kiyoshi

浜田 浄

Rom Villaseran

ロム・ヴィラセラン

Cornelia Thomsen

コーネーリア・トムセン

Hidai Nankoku

比田井 南谷

Fujimatsu Hiroshi

藤松 博

EXHIBITION

作家の個展はもちろん、これまでの日本美術史の焦点を広げ、再定義する展示、
そして時間、社会、文化、民族、など多種多様なテーマを
いろいろな角度、視点からみた企画展を展開していきます。
√K Contemporaryのベースとなる加島美術が長年培って来た見識を生かし、
「√K Contemporaryにしかできない」企画展を開催しています。

Along with the solo works,
we will hold exhibitions that broaden the definition of Japanese art history.
We will also examine themes from many perspectives and
transcend borders of time, culture, society, ethnicity and so on.
√K Contemporary will introduce new and exciting exhibitions curated
with a unique point-of-view, built upon the knowledge and experience acquired
through the history of Kashima Arts.

√K Contemporary Opening Exhibition wall to wall Noriyuki Haraguchi

イベント中止についての
ご案内

弊社ギャラリーにて4月25日、5月2日に公演を予定しておりました「田中泯 場踊り」について、この度の新型コロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受け、開催を中止させていただく事となりました。
チケットをお持ちのお客様には、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。
チケットの払い戻しについては下記リンクよりご確認いただきますようお願いいたします。
大変お手数をおかけいたしますが、ご自身にてお手続きが必要となりますのでご了承ください。
この度の公演中止に伴いまして大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

http://www.cnplayguide.com/refund/
お問い合わせ先:CNプレイガイド 0570-08-9999(10:00~18:00)

Announcement on
Upcoming Events

Given the declaration of state of emergency, the “Tanaka Min LOCUS FOCUS” performances scheduled April 25 and May 2 have been cancelled.
We sincerely apologize for any inconvenience this may cause to all who have kindly purchased a ticket for these dates.

For those who have purchased tickets, you may have your ticket refunded by following the link below.
We, again, apologize for any further inconvenience we may cause and request that this procedure be completed independently.

http://www.cnplayguide.com/refund/
Contact Details:CNPlayGuide (+81) 570-08-9999(10AM to 6PM)

Again, we sincerely apologize for any inconvenience this may cause and ask humbly for your kindness and understanding.

√K Contemporary

開催概要

  • wall to wall Noriyuki Haraguchi
  • 会場:√K Contemporary (新宿区南町6)
  • 会期:2020年3月7日(土)~ 5月23日(土)
    *会期中は日、月閉廊。
    *会期を延長いたしました。
  • 営業時間:11時~19時
  • 出展作家:原口典之
  • 出展作品:代表作オイルプール含めた約30点

Exhibition Information

  • wall to wall Noriyuki Haraguchi
  • Venue:√K Contemporary (6 Minamicho, Shinjuku-ku, Tokyo)
  • Dates:7th of March – 23rd of May, 2020
    * Closed on Sundays and Mondays.
    * The exhibition has been extended to May 23rd.
  • Hours:11am - 7pm
  • Artist:Noriyuki Haraguchi
  • Works:Approx. 30 works, including the iconic Oil Pool.

√K Contemporary は、代表加島林衛がこれからの日本のアートシーンの創出と発展を目的とした次世代型ギャラリーです。先人達の素晴らしい美術品に触れる事で磨かれた感性だからこそ見える次世代のアートシーンがある。時空や国境に関係なく本質の芸術に触れる場を作る。新たなチャレンジのスタートです。そして、記念すべきオープニングエキシビションは、現代アートの牽引者の一人、原口典之の個展を開催します。「もの派」の代表的なアーティストの一人として60年代後半から活動をスタートしている原口の約2年ぶりの個展では、代表作のオイルプールを始め、タイトル作品「wall to wall」などの新作を含む約30作品が展示されます。

オイル、鉄、アルミニウムなど、一見美術とは無縁に思えるこれらの材と長く向き合ってきた同氏。私達の身近にあるこれらの物質は、既に定義づけされていて、私達の生活空間を遮りながら違和感なく存在しています。それらを誤魔化さず表現する彼の芸術空間には、ある種の違和感が作られていくのです。常識や理屈では測ることができない感性や感覚を魅了し、刺激するーこのエキシビションが強烈な印象を残すと期待しています。

The opening exhibition, “wall to wall Noriyuki Haraguchi”, will feature works by Noriyuki Haraguchi, the leading figures of “Mono-ha”. For the first time in two years, Haraguchi will display roughly 30 works including his major work, Oil Pool, and a new piece, with the same title as the exhibition, “wall to wall”.

Having begun his career in the 1960s, Haraguchi has continued to create art from traditionally non-artistic materials, such as oil, iron and aluminum. By using familiar substances that have already been defined through the everyday, Haraguchi creates art from substances that exists in our preconceived sense of space. By retaining the material aesthetic of his artworks, Haraguchi’s spaces assert a unique sense of discomfort upon the viewer. Fascinating and provocative, his works escape familiarized ideas of common sense and ethics. We hope for your anticipation for this exhibition and ask that you join us in this new challenge.

アーティスト:原口典之

Artist : Noriyuki Haraguchi

アーティスト:原口典之

Artist : Noriyuki Haraguchi

1946年神奈川県生まれ。1970年日本大学芸術学部美術学科卒業。60年代後半から美術家としての活動をはじめ、1977年、国際展「ドクメンタ6」(ドイツ、カッセル)で日本人作家として初めて選出される。鉄やポリウレタンといった工業製品に使われる素材を用いた作品や、軍用機の形を原寸大で再現させた立体、金属のプールに廃油を満たす作品など、意味や機能をはぎ取りながら、物体あるいは物質そのものの在り様を提示する作品を制作。主な個展に『NORIYUKI HARAGUCHI』(レンバッハハウス市立美術館、ミュンヘン、2001)、『原口典之 – 社会と物質』展(BankARTStudio NYK、2009)。そのほかグループ展では、『(C)Overt』P.S.1 (ニューヨーク、1988)、『現代美術への視点-色彩とモノクローム』(東京国立近代美術館、1989)、『1970年 – 物質と知覚 もの派と根源を問う作家たち』(岐阜県美術館、1995)、『重力 – 戦後美術の座標軸』(国立国際美術館、1997)、『TOKYO 1955-1970 : 新しい前衛』(ニューヨーク近代美術館、2012)など多数。 Born 1946, in the Kanagawa Prefecture. Graduated from Nihon University College of Art in 1970. Beginning his career as an artist in the late 1960s, he became the first Japanese artist to be selected for the international exhibition, “Documenta 6” (Kassel, Germany) in 1977. From a full scale, three-dimensional reproduction of a military aircraft to a steel pool containing oil waste, Haraguchi uses industrial materials, such as iron and polyurethane, to create works that reflect Objecthood, the depiction of an object’s sheer materiality via the removal of meaning and function. Major solo exhibitions include "NORIYUKI HARAGUCHI" (Stätdtische Galerie im Lenbachhaus, Munich, 2001) and "Noriyuki Haraguchi- Society and Material" (BankARTStudio NYK, Yokohama, 2009). Group exhibitions include, “(C) Overt: A Series of Exhibitions” (PS1, New York, 1988), “Color and/or Monochrome – A Perspective on Contemporary Art,” (National Museum of Modern Art, Tokyo, 1989), and “Matter and Perception 1970, Mono-ha and the Search for Fundamentals” (The Museum of Fine Arts, Gifu, 1995), “GRAVITY - Axis of Contemporary Art” (The National Museum of Art, Osaka 1997), “Tokyo 1955-1970: A New Avant-Garde“ (MoMA, New York, 2012), and many more.

Opening Exhibition Special Event
田中泯 場踊り
Min Tanaka “Locus Focus”

公演内容
田中泯 場踊り+ギャラリートーク
  1. ①3月28日(土)トークゲスト:萬木康博氏(元 東京都美術館学芸員)
  2. ②4月25日(土)トークゲスト:秋元雄史氏(東京藝術大学美術館館長)
  3. ③5月2日(土)トークゲスト:福住簾氏(美術評論家)

15:00-15:30 田中泯 場踊り
ダンサー田中泯が原口典之のオイルプールで踊るスペシャルパフォーマンス
15:30-17:00 ギャラリートーク
アーティスト原口典之とゲストによるギャラリートークセッション

開場:14:00/開演:15:00

観覧チケット
3500円(税別) *チケット予約・購入は「BSフジチケット」にて
Event Details
“Tanaka Min Locus Focus” & Artist Talk
  1. 1. 3.28 SatGuest: Yasuhiro Yurugi (A former curator at Tokyo Metropolitan Art Museum)
  2. 2. 4.25 SatGuest: Yuji Akimoto (Director of The University Art museum, Tokyo University of the Arts)
  3. 3. 5.2, SatGuest: Ren Fukuzumi (Art Critic)

3pm – 3:30 pm Tanaka Min Locus Focus
A special performance featuring the dancer, Tanaka Min, and Noriyuki Haraguchi’s Oil Pool
3:30pm – 5pm Artist Talk
A gallery talk session with the artist, Noriyuki Haraguchi, and a guest speaker.

(Starts at 3pm, Doors open at 2pm)

Tickets
3500 yen (excl. tax) *Ticket are available via BS Fuji Ticket.

ダンサー:田中泯(たなかみん)

Dancer : Min Tanaka

ダンサー:田中泯(たなかみん)

Dancer : Min Tanaka

前衛的、実験的ダンサー。1974年、独自の表現活動を始め、精神-物理の統合体として存在する身体に重点をおいた「ハイパーダンス」を展開。78年のパリでのソロデビュー以後、世界中の知識人や芸術家との数々のコラボレーションへの繋がり、そのアプローチは形式的な舞台芸術、ダンス、音楽のシーンの枠に収まらない。2002年、山田洋次監督の映画「たそがれ清兵衛」で初の映像出演により、その後も国内のみならず数々の映画、TVドラマへ出演し、2013年にはハリウッドデビューも果たす。田中の、「踊りの起源」への絶え間ない調査と堅固なこだわりは、日常に存在するあらゆる場に固有の踊りを即興で踊るというアプローチによって、「場踊り」という形で、より実践への根を深めている。「場踊り」は日本および世界各地で現在進行形で繰り広げられている。国内外問わず大舞台から野外までの幅広いダンス歴は現在までに3000回を超える。
著書『僕はずっと裸だった』(工作舎)、『意身伝心』(松岡正剛との共著、春秋社)、写真集「光合成」MIN by KEIICHI TAHARA(スーパーラボ)。写真集「LAST MOVEMENT」(ⅠとⅡ) 平間至(博進堂)
www.min-tanaka.com
Avant-garde, experimental dancer. In 1974, he began his own expression activities, and developed “hyper-dance,” emphasizing psycho-physical unity of the body. His debut in Paris in 1978 has led to numerous collaborations with intellectuals and artist around the world well beyond formal approach of theatrical art, dance, and music. In 2002, his first film appearance in “Twilight Samurai” directed by Yoji Yamamoto drew attentions of film directors nationally and internationally, which resulted in his debut in Hollywood film in 2013 among a number of appearance in other films and TV dramas. Tanaka’s incessant and exclusive search for the origin of dance has come to take an approach to dance site-specifically with improvisation, and it has led to “Locus Focus” project series taking place at a variety of every-day life scenes throughout Japan and abroad. He has performed more than 3,000 times in his extensive career, from outdoor locations to large-scale national theaters world-widely. Authored Books includes “My Bare Body” (Kosakusha,) and “Conscious Body, Contagious Mind” (Co-authored with Seigo Matsuoka, Shunjusha.) Photo books include “Photosynthesis MIN by Keiichi TAHARA” (SUPER LABO) and “Last Moment” (Ⅰand Ⅱ) by Itaru Hirama (Hakushindo.)
www.min-tanaka.com

COMPANY

社名
SEI-RIN株式会社
住所
〒162-0836 東京都新宿区南町6
Tel
03-6280-8808
E-mail
info@root-k.jp
代表取締役
加島林衛
設立
2014年4月30日
許認可
東京都公安委員会許可 第301041408599号 美術品商
交通案内
都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂」A2出口 徒歩5分
東京メトロ東西線「神楽坂駅」神楽坂口 徒歩12分
東京メトロ「飯田橋駅」B3出口 徒歩10分

CONTACT

お名前 Name 必須
ふりがな 必須
メールアドレス Email 必須
メールアドレス確認 Confirm Email 必須
電話番号 Phone Number 必須
メッセージ Message

表示された5文字の英数字を入力してください。